無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す ② 〜今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです〜 特集ページ

無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す ② 〜今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです〜
無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す ② 〜今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです〜

あらすじ


結婚式を終え、正式に夫婦となったカロリーナとエドワード。
しかし政略結婚ゆえ相手の愛情が自分に向いているとは互いに知らぬまま。
一方帝国では数々の異変が起きていた。
魔力の暴走、作物の成長速度と収穫高の向上に、魔物の出現率の低下……
テオドールは原因を推定し、二人の避暑をかねたハネムーンに同行するが、
避暑先では波乱が待ち受けていて──

第2回アース・スターノベル大賞
奨励賞受賞作、お待ちかねの第2巻
口絵

登場人物紹介

  • カロリーナ

    カロリーナ

    主人公。優秀な姉と比べられ、劣等感を抱えている。

  • フローラ

    フローラ

    カロリーナの姉。妹の出産直後に母が亡くなったためか妹を敵視している。

  • エドワード

    エドワード

    隣国の第二皇子。噂では「戦好きで残虐」とのことだが……

  • テオドール

    テオドール

    エドワードの幼馴染、かつ補佐。とても優秀。

  • マリッサ

    マリッサ

    隣国でのカロリーナの侍女。何をしても完璧な美女。

  • オーウェン

    オーウェン

    隣国でのカロリーナの護衛騎士。破天荒なところがある?

  • ギルバート

    ギルバート

    マルコシアス帝国第一皇子。マナ過敏性症候群のため、自由が利かない生活を強いられている。

店舗購入特典

特典についてのご注意事項
<初回版限定購入者特典について>

・書籍版:特典物は数に限りがございますのでご了承ください。
・電子版:販売されているどちらの電子ストアでも、いつでもご購入後にご覧いただけます。

※なお、初回版限定購入者特典の内容は、書籍版・電子版共に同じものとなります。
※特典につきましては、無断複写・複製・転載・アップロード・転売を禁じます。

【初回版限定封入 購入者特典】
「マナ酔い《ギルバート side》」
【とらのあな 様】
「オーウェンの休日」
【WonderGOO 様】
「やれば出来る人」
【メロンブックス 様】
「魔物狩り」
【くまざわ書店 様】
「私の仕える主」

この作品の見どころ

ルナコメント
ルナコメント

このシリーズの刊行タイトル

無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す① 今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです
無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す① 今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです
Amazon
作品の試し読みをする
著:あーもんど  イラスト:あんべよしろう
発売:2021年6月16日(水)
定価:1,320円(税込)
優秀なサンチェス公爵家には二人の姉妹がいた。

姉のフローラは才色兼備かつ聖女候補。妹のカロリーナは地味で才能もない落ちこぼれ……そんなカロリーナのもとに隣国との関係調整のため第二皇子との縁談が舞い込む。ただし皇子は、野蛮で残酷無比と噂の人物。
「私でも役に立てるなら」と政略結婚を受け入れるカロリーナだったが、嫁いでみると人生が一変。噂に反して紳士的な皇子や皇后に正当に評価され、自分を認められるように。一方王国に残されたフローラは不調続きで――
“特集ページを見る"
無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す ② 〜今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです〜
無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す②今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです
Amazon
著:あーもんど  イラスト:あんべよしろう
発売:2021年12月15日(水)
定価:1,320円(税込)
結婚式を終え、正式に夫婦となったカロリーナとエドワード。

しかし政略結婚ゆえ相手の愛情が自分に向いているとは互いに知らぬまま。
一方帝国では数々の異変が起きていた。魔力の暴走、作物の成長速度と収穫高の向上に、魔物の出現率の低下…… テオドールは原因を推定し、二人の避暑をかねたハネムーンに同行するが、避暑先では波乱が待ち受けていて――
“特集ページを見る"
無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す③今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです
無自覚聖女は今日も無意識に力を垂れ流す③今代の聖女は姉ではなく、妹の私だったみたいです
Amazon
著:あーもんど  イラスト:あんべよしろう
発売:2022年7月1日(金)
定価:1,320円(税込)
カロリーナを取り戻そうという動きが起こるセレスティア王国。 一方マルコシアス帝国でも「聖女試験」を導入することに――⁉

カロリーナの持つ力が神聖力だということがセレスティア王国にも知られてしまい、彼女を取り戻そうという動きが起こる。
彼女を護るため、エドワードとギルバートは元凶であるジョナサン大司教を失墜させる策を練る。 カロリーナの地位向上のため、同時にマルコシアス帝国でも「聖女試験」を導入することになり――⁉
“特集ページを見る"